害獣指定を受けるまでの歴史

    イタチはかなり古い時代からその生息が確認されています。特に山間などでは頻繁にその姿を見る機会が多く、現代では、...

    Readmore

    害獣駆除専門業者の取り組み

    イタチ撃退のもう一つの方法は捕獲です。害獣用の捕獲器はインターネットなどでも購入可能ですが、捕獲をする際は環境...

    Readmore

    自分で撃退するための工夫とは

    イタチは見た目こそ可愛らしい生き物ですが、実際は非常に凶暴な性格をしており、代表的な害獣の一つといえます。最近...

    Readmore
オススメリンク
アーカイブ
  • 害獣駆除専門業者の取り組み

  • 自分で撃退するための工夫とは

  • イタチの撃退等について

イタチ撃退のもう一つの方法は捕獲です。
害獣用の捕獲器はインターネットなどでも購入可能ですが、捕獲をする際は環境省、または各都道府県の許可を得る必要があります。
全長30~50センチほどの割と大きな動物なうえ、かなり凶暴ですので、実際に自分で捕獲し撃退するのはなかなか難しいようです。
人を噛むこともあり、大きな怪我を負いかねません。
そのため、害獣駆除の専門業者に捕獲を依頼するのが一番安全な撃退方法と言えます。
駆除というと殺処分を想像するかもしれませんが、イタチは鳥獣保護法により殺すことが禁止されているため、捕獲し山などに放獣するのが基本です。
手順としてはまず現地調査を行い、罠を設置し捕獲します。 (さらに…)

イタチは見た目こそ可愛らしい生き物ですが、実際は非常に凶暴な性格をしており、代表的な害獣の一つといえます。
最近では都市部にも進出し、人家の床下や天井裏に侵入して人知れず繁殖していることも少なくありません。
イタチの食性は雑食で鳥類、魚、エビ、果実など多岐にわたり、人間やペットの食品を害することも多いのです。
ネズミなど別の害獣も食べるため、益獣と考える人もいますが、人家に入り込むと大きな害があります。
糞尿による悪臭、天井裏などを走り回る騒音被害だけでなく、寄生したダニやノミの繁殖、感染症など二次被害の可能性もあるのです。
大切なのは、自分の家に棲みついてしまう前に撃退することです。 (さらに…)

 イタチとは、イタチ科の哺乳類です。
オコジョやミンク、ペットとして人気のあるフェレット等も同じ種類の動物です。
細長い胴体をしていて、手足が短いという特徴があります。
体長はオスが40cm程度、メスが20cm程度と比較的小柄です。
雑食性の動物で、植物も動物も問わずにエサとします。
日本においては、沖縄県以外の全ての都道府県に生息していると言われています。
 最近では、このイタチによる被害が急増しています。
イタチ等の害獣は、都市部の環境に順応するのが早いという特徴があります。
そのため、以前は害獣の被害というと山間部の農家等が多かったのですが、最近では都市部の一般家庭でも害獣による被害が報告されています。 (さらに…)

カテゴリー
カレンダー
2017年5月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031